国内外ニュース

日韓の魅力競うフォトコンテスト ソウルで授賞式

 日韓フォトコンテストで山陰インバウンド機構による「山陰賞」を受賞した「米子の思い出」(金周映氏撮影・共同)  日韓フォトコンテストで山陰インバウンド機構による「山陰賞」を受賞した「米子の思い出」(金周映氏撮影・共同)
 【ソウル共同】日本と韓国の写真愛好家が、相手の国の魅力ある瞬間を切り取った写真を競う在韓国日本大使館公報文化院主催の日韓フォトコンテスト(共同通信社など後援)の授賞式が31日、ソウルで開かれた。コンテストは4回目。前回から約千人増の約4600人が応募し、日韓間の大きな文化交流行事に成長した。

 共催の秋田県から秋田県賞を受けたソウルの写真家、宋光燦さん(34)は、なまはげが登場する祭りで出番を待つなまはげと目があった瞬間をモノクロで押さえた。「地域の人が伝統文化を継承しようとする姿が印象的だった。特色ある日本の光景を伝える契機になり、うれしい」と話した。

(3月31日18時06分)

暮らし・話題(3月31日)