国内外ニュース

アイヌ民族博物館が閉館、北海道 「象徴空間」整備本格化

 北海道白老町のアイヌ民族博物館が31日、閉館した。政府は2020年の東京五輪・パラリンピックに合わせて同町にアイヌ文化復興施設「民族共生象徴空間」を開設予定で、一般財団法人が運営してきたアイヌ民族博物館は国立の博物館に生まれ変わる。象徴空間には博物館のほか公園や慰霊施設なども建設する計画で、政府は整備を本格化する。

 アイヌ民族博物館は1965年、ポロト湖畔にコタン(集落)を移設して観光客に公開したのが始まりで、84年に現在の施設を開館した。伝統家屋チセを再現して着物や道具などアイヌに関する資料を展示したほか、舞踊の実演なども行ってきた。

(3月31日18時37分)

文化・芸能(3月31日)