国内外ニュース

「ありがとう三江線」 88年の歴史に幕

 JR三江線の運行最終日、大勢の人に見送られる江津駅発の最終列車=31日夕、島根県江津市  JR三江線の運行最終日、大勢の人に見送られる江津駅発の最終列車=31日夕、島根県江津市
 広島県三次市と島根県江津市を結ぶJR三江線(全長108・1キロ)が31日、利用者減少のため運行最終日を迎え、多くの人に惜しまれながら88年の歴史に幕を閉じた。

 三次、江津両駅では、多くの人が最終列車を見守った。午後8時45分ごろ三次駅に到着し、花束を贈られた周藤孝明運転士(31)は「感謝の思いを伝えようと最後まで安全運転に努めた」と話した。午後9時50分ごろ、江津駅に最後の列車が到着。市民らは手旗を振って出迎え「ありがとう」と感謝した。

 JR西日本によると、三江線は1930年に一部区間で営業を始め、75年に全線開通した。

(3月31日23時02分)

暮らし・話題(3月31日)