国内外ニュース

トランプ氏、加州知事を批判 強制送還恐れの移民恩赦

 【ワシントン共同】米西部カリフォルニア州のブラウン知事は3月30日、薬物犯罪などでの刑期を既に終えているが、有罪記録を理由に強制送還手続きに入っている移民5人に恩赦を出した。5人の送還不服申し立てで有利に働く可能性があるが、トランプ大統領は決定を強く批判した。

 トランプ政権は3月、不法移民に寛容なカリフォルニア州法は合衆国憲法に違反し、不法移民の強制送還を困難にするとして差し止めを求め提訴。ブラウン氏は「戦争を仕掛けている」と激しく反発し、政権と同州の対立が深まっている。

(4月1日12時21分)

国際(4月1日)