国内外ニュース

全日空、羽田に企業内保育所 今夏、那覇にも開園

 「OHANAほいくえん はねだ」の入園式で、園児を抱く全日空の平子裕志社長=1日午後、羽田空港の新整備場地区  「OHANAほいくえん はねだ」の入園式で、園児を抱く全日空の平子裕志社長=1日午後、羽田空港の新整備場地区
 羽田空港の新整備場地区に、全日空グループの企業内保育所「OHANAほいくえん はねだ」が1日オープンし、入園式が開かれた。子育てをする社員が働きやすい環境を整え、人材獲得にもつなげたい考えで、今夏には那覇空港地区にも開園予定。

 訪日外国人客増加で航空需要が伸び続け、働き手不足も懸念される中、勤務時間が不規則な航空・空港業界では保育園・保育所設置の動きが進む。「保育園が見つからず、辞めざるを得ない客室乗務員が身近に結構いた」という運航乗務員伊沢友博さん(43)らが社内で提案し実現に至った。

 定員25人で、この日は0~2歳の14人が両親らと出席した。

(4月1日16時28分)

経済(4月1日)