国内外ニュース

E・リオス・モント氏死去 グアテマラの元軍政トップ

 エフライン・リオス・モント氏(AP=共同)  エフライン・リオス・モント氏(AP=共同)
 エフライン・リオス・モント氏(中米グアテマラ軍事独裁政権の元大統領)現地からの報道によると、1日、グアテマラ市の自宅で心臓発作のため死去、91歳。

 26年、西部ウエウエテナンゴ生まれ。陸軍将軍から82年、クーデターを経て大統領就任を宣言し、軍政を率いた。83年クーデターにより失脚。96年の内戦終結後は右派政党から国会議員となり、議長も務めた。13年、軍政期の先住民らの大量虐殺と人道に対する罪で禁錮80年を言い渡されたが、憲法裁が裁判のやり直しを命じ、審理が続いていた。(サンホセ共同)

(4月2日5時37分)

国際(4月2日)