国内外ニュース

不法移民救済「協議不要」 トランプ氏、FTA脱退も

 1日、米フロリダ州パームビーチで記者団に話すトランプ大統領(左)(ロイター=共同)  1日、米フロリダ州パームビーチで記者団に話すトランプ大統領(左)(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】トランプ米大統領は1日、子供の時に親に連れられて米国に不法入国した若者らについて、救済に向けた野党民主党との協議はこれ以上必要ないとの考えをツイッターで示し、与党共和党に厳しい移民関連法を議会で可決するよう求めた。また、メキシコ政府が不法移民対策を強化しなければ、再交渉している北米自由貿易協定(NAFTA)を「やめる」として、脱退を警告した。

 トランプ氏は昨年9月、不法移民の若者約70万人の強制送還を猶予したオバマ前政権の措置「DACA」を打ち切ると表明している。

(4月2日7時31分)

国際(4月2日)