国内外ニュース

埼玉の小6女児自殺で児相に通告 県警、金銭要求の同級生女子2人

 埼玉県鶴ケ島市で昨年11月、小学6年の女児=当時(11)=が自宅で自殺した問題で、女児に金銭を要求するなどしたとして、県警が同級生だったいずれも12歳の女子2人を児童相談所に通告していたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。通告は3月26日付。

 市の第三者審議会は、同級生からのいじめがあったと認定し「いじめが自殺の契機と推認できる」との報告書を3月27日に答申していた。

 捜査関係者によると、女子2人は昨年9月以降、被害女児にカラオケや飲食の代金を度々支払わせるなどしたとされる。

(4月2日14時08分)

社会(4月2日)