国内外ニュース

60地点で気温が過去最高に 気象庁、3月の天候まとめ

 気象庁は2日、3月の天候まとめを発表した。太平洋上にあった高気圧の影響で南から暖かい空気が流れ込みやすく、全国的に平均気温が平年より高くなった。全国60カ所の観測点では、3月としては過去最高に並ぶか更新した。

 気象庁によると、北海道から九州の広い範囲で平均気温の記録が出た。東日本(関東甲信、東海、北陸)全体でも平年より2・5度高く、3月の過去最高になった。

 低気圧の通過時には南から湿った空気が入り、太平洋側を中心に雨量も増えた。月間の降水量は千葉市や山梨県富士河口湖町など9カ所で3月の最多記録を更新した。

(4月2日17時42分)

社会(4月2日)