国内外ニュース

福岡市、パートナー制度開始 LGBT対象に宣誓証交付

 山下みほさんが福岡市から受け取った「パートナーシップ宣誓書受領証」  山下みほさんが福岡市から受け取った「パートナーシップ宣誓書受領証」
 福岡市は2日、性的少数者(LGBT)のカップルを公的に認定する「パートナーシップ宣誓制度」の受け付けを始め、高島宗一郎市長が市役所で、同居する市内の戸籍上の女性カップルに最初の宣誓書受領証を手渡した。制度導入は全国7自治体目で、九州では初めて。

 第1号となったのは、LGBT支援団体代表で男性として生活する石崎杏理さん(33)と、パートナーの会社員山下みほさん(27)。石崎さんは「互いに家族と思って生活してきたが、社会的にも祝福された気持ちでうれしい」と話した。

 カップルが宣誓書に署名し、福岡市が受領証を交付する。

(4月2日18時06分)

暮らし・話題(4月2日)