国内外ニュース

国内新車販売台数、2年連続増加 519万台、新型車好調

 2017年度の国内新車販売台数は前年度比2・3%増の519万7107台となり、2年連続で増加した。日産自動車とSUBARU(スバル)の新車の無資格検査問題が逆風だったが、国内景気の回復を背景に新型車が好調だった。このうち軽自動車は4年ぶりのプラスとなった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が2日、発表した。

 軽の17年度の販売台数は8・1%増の185万8873台だった。スバルを除く全ブランドで前年度実績を上回った。

 同時に発表した今年3月の国内新車販売台数は、前年同月比3・5%減の66万7275台と6カ月連続で前年実績を下回った。

(4月2日19時22分)

経済(4月2日)