国内外ニュース

自公、カジノ整備3カ所で合意 入場料金は議論継続

 IR実施法案に関する与党協議で、あいさつする自民党の岸田政調会長=2日午後、国会  IR実施法案に関する与党協議で、あいさつする自民党の岸田政調会長=2日午後、国会
 自民、公明両党は2日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案に関し、最大の焦点だった整備箇所数を3カ所とすることで合意した。今国会に提出予定のIR実施法案に盛り込む。一つのIR内にカジノは1カ所設置される。日本人のカジノ入場料については合意に達せず、協議を続けることになった。

 箇所数では、自民党は「4、5カ所」、公明党は「2、3カ所」を主張していたが、公明党に譲歩した形だ。

 IRの整備箇所の選定手続きも実施法案に盛り込まれる。誘致を希望する都道府県や政令指定都市が申請し、国が審査して選ぶ仕組みとする方針だ。

(4月2日19時46分)

政治(4月2日)