国内外ニュース

アリババが「旅かえる」中国語版 人気スマホゲーム

 【上海共同】中国の電子商取引(EC)最大手、アリババグループ傘下のゲーム会社は2日、中国で人気が高いスマートフォンのゲーム「旅かえる」に関し、日本企業から中国語版を運営する権利を得たと発表した。

 ゲームはヒットポイント(名古屋市)が開発した。小さな緑色のカエルの世話をする内容で、カエルは自由気ままに日本全国を放浪し、ユーザーに旅先から写真などを送る。かわいらしいカエルの姿が中国の若者らの心をつかみ、爆発的に普及し、中国語の海賊版が出回っていた。

 同社によると、2017年11月の発売以来、ダウンロード数は約3700万に上り、9割以上が中国のユーザーという。

(4月2日20時11分)

経済(4月2日)