国内外ニュース

NY原油大幅反落、63ドル台 米株安で売り膨らむ

 【ニューヨーク共同】連休明け2日のニューヨーク原油先物相場は大幅反落し、指標の米国産標準油種(WTI)の5月渡しが連休前の3月29日と比べ1・93ドル安の1バレル=63・01ドルで取引を終えた。

 米中の貿易戦争に対する懸念を背景とした米国株の急落で投資家心理が冷え込み、売り注文が膨らんだ。ロシアの3月の原油生産高が増加したと伝わったことも売り材料だった。

(4月3日5時27分)

経済(4月3日)