国内外ニュース

隠蔽を指示した前社長を顧問に 検査不正の三菱マテリアル子会社

 三菱マテリアルの子会社で自動車関連部品を製造するダイヤメット(新潟市)が、製品検査データの改ざん問題で引責辞任した安竹睦実前社長を1日付で顧問に就任させたことが3日分かった。安竹氏はトップ在任中に不正の隠蔽を指示していた。今回の人事は親会社の三菱マテリアルも承認しており、自浄能力が乏しいとして批判を招きそうだ。

 安竹氏は2月15日にダイヤメットの社長職を辞任。隠蔽や不正な製品の出荷を続けた責任を問われ3月31日付で取締役も辞めたが、4月1日付で非常勤の顧問に就いた。

 ダイヤメットは「問題の経緯をよく知っており、必要に応じて助言をしてもらう」と説明した。

(4月3日10時46分)

経済(4月3日)