国内外ニュース

「原爆乙女」松原美代子さん死去 広島の被爆体験、国内外で証言

 松原美代子さん  松原美代子さん
 国内外で被爆体験を証言し、「原爆乙女」と呼ばれた松原美代子(まつばら・みよこ)さんが2月10日、広島市の自宅で死去した。85歳。広島市出身。葬儀・告別式は近親者で営んだ。喪主はおいの昭郎(あきお)氏。

 女学校1年の時、広島の爆心地から約1・5キロで被爆した。顔などに大やけどを負ってケロイドが残り、原爆乙女として作家ら著名人の支援により、20歳の時に治療を受けた。

 米国人平和運動家の故バーバラ・レイノルズさんが1962年と64年に企画した世界平和巡礼に参加し、欧米で被爆体験を話した。独学で英語を勉強して国内外で証言活動を続け、核廃絶を訴えた。

(4月3日11時11分)

社会(4月3日)