国内外ニュース

東証、午前終値2万1200円 米株安などで一時300円超下落

 3日午前の東京株式市場は米株安や円高の進行を受け、日経平均株価(225種)は大幅に続落した。下げ幅は一時300円を超えた。

 午前終値は、前日終値比187円81銭安の2万1200円77銭。東証株価指数(TOPIX)は8・90ポイント安の1699・88。

 前日のニューヨーク株式市場では、トランプ大統領がツイッターでインターネット通販大手アマゾン・コムを批判したことで投資家心理が悪化し、同社株が大幅下落。中国が米国による鉄鋼などの輸入制限に対して報復措置を発表し、貿易戦争への懸念が再燃したことも響き、ダウ工業株30種平均は大幅反落した。

(4月3日11時57分)

経済(4月3日)