国内外ニュース

全車両に防犯カメラ設置へ JR東、新車標準装備

 JR東日本は3日、2018年度以降に製造する車両全てに防犯カメラを設置すると発表した。セキュリティーの向上が狙い。新幹線や埼京線の一部には既に導入。山手線は東京五輪・パラリンピックが開会する前の20年春までに全車両への設置を終える予定だ。

 JR東によると、現在保有するのは約1万3千両。首都圏を走る「成田エクスプレス」や中央線、常磐線などの特急は設置スケジュールが決まっているが、全車両の完了時期は未定だ。

 JR東の深沢祐二社長は記者会見で「駅や車内のセキュリティーレベルを上げるにはカメラが有効と判断した」と話した。

(4月3日17時30分)

暮らし・話題(4月3日)