国内外ニュース

東京円、106円台前半

 3日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=106円台前半で取引された。

 午後5時現在は、前日比24銭円高ドル安の1ドル=106円04~05銭。ユーロは37銭円高ユーロ安の1ユーロ=130円68~72銭。

 朝方は米国と中国の貿易戦争への警戒感が広がり、安全資産とされる円を買ってドルを売る動きが優勢だった。前日の米株式市場でダウ工業株30種平均が大幅に下落したことも投資家の慎重姿勢を強めた。午後は材料に乏しく、値動きは限定的だった。

 市場では「貿易摩擦への懸念が払拭されない限りは円高になりやすい状況が続くだろう」(大手銀行)との声があった。

(4月3日18時01分)

経済(4月3日)