国内外ニュース

「悪夢の耐性菌」広がる 初の全米調査で判明

 抗菌薬「カルバペネム」に耐性を持つ「カルバペネム耐性腸内細菌科細菌」のイメージ(米疾病対策センター提供)  抗菌薬「カルバペネム」に耐性を持つ「カルバペネム耐性腸内細菌科細菌」のイメージ(米疾病対策センター提供)
 【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)は3日、多くの薬剤に強い耐性を示す221の細菌を2017年に分析した検体から見つけたと発表した。治療法の切り札とされる強力な抗生物質カルバペネムも効かない「悪夢の耐性菌」で、感染者を隔離するなどの対策を徹底するよう呼び掛けている。

 全米では初の本格調査で、CDCの担当者は「これほど多く見つかるとは驚いた」と話した。

 病院や高齢者福祉施設の利用者から採取した検体から、カルバペネムに耐性を持つ肺炎桿菌や大腸菌など約5800の菌を見つけた。

(4月4日9時55分)

医療・健康(4月4日)