国内外ニュース

日本ルナ、ヨーグルトを自主回収 2種類13万個、シリアルに農薬

 日本ルナが自主回収を発表したTOPCUPシリーズの「アサイーヨーグルトボウル」(左)と「グリーンスムージーヨーグルト」  日本ルナが自主回収を発表したTOPCUPシリーズの「アサイーヨーグルトボウル」(左)と「グリーンスムージーヨーグルト」
 日本ハム子会社の日本ルナ(京都府八幡市)は4日、伊藤忠商事が昨年輸入したオーストラリア産大麦から食品衛生法の基準値を超える農薬が検出された問題で、シリアルにこの大麦を使用していたヨーグルト製品2種類・計約13万2千個を自主回収すると発表した。

 回収対象はTOPCUPシリーズの「アサイーヨーグルトボウル」と「グリーンスムージーヨーグルト」で、賞味期限が2018年4月6~23日の商品。食べても健康に影響はないとしているが、料金着払いで商品を送れば代金相当分のクオカードを返送する。問い合わせは通話無料のお客様相談係、電話(0120)496103。

(4月4日13時41分)

経済(4月4日)