国内外ニュース

覚醒剤250キロ、都内に密輸 香港から、ブラジル人を逮捕

 香港から1月、東京都内に船舶で覚醒剤約250キロ(末端価格約150億円相当)が密輸され、警視庁が押収していたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。

 同庁組織犯罪対策5課と群馬県警は4日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで、密輸の指示役とみられるブラジル国籍の会社員フクダ・モンテイロ・アンデルソン容疑者(32)=宇都宮市=を逮捕した。

 覚醒剤の宛先は群馬県内の会社だった。同課は2月、同容疑で、この会社の経営者と社員でいずれもブラジル国籍の30代の男3人も逮捕した。背後に国際的な密輸組織があるとみて解明を進める。

(4月4日14時05分)

社会(4月4日)