国内外ニュース

広島の鈴木、登録外れる 下半身の張り「深刻ではない」

 下半身の張りで2試合欠場していた広島の鈴木が4日、出場選手登録を外れた。広島に戻ってコンディションを整えるためで、緒方監督は「深刻ではない。最短で戻すための処置。いない間は(ほかの選手に)チャンスだと思って頑張ってもらう」と述べた。

 鈴木は昨夏に右足首を骨折したが、懸命のリハビリで開幕には間に合わせていた。松原チーフトレーナーは「手術したところは順調に上がってきている。周りが試合レベルで動いていく中で調整していくのは難しいという判断」と説明した。

(4月4日22時15分)

プロ野球(4月4日)