国内外ニュース

国税局が機械器具設置会社を告発 名古屋、約3200万円脱税と

 外注費の水増しなどで約3200万円を脱税したとして、名古屋国税局が法人税法違反の疑いで、名古屋市中区の機械器具設置会社「MIC」と菱田光雄前社長(49)=同区=を名古屋地検に告発していたことが4日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、同社は大手半導体メーカーなどから精密機器の運送などの業務を受注。下請け業者にこれらの業務を発注する際、外注費の水増しなどで16年7月期までの2年間で計約1億3千万円の所得を隠し、計約3200万円を脱税した疑いが持たれている。

 菱田前社長は取材に「指摘は全て認め、修正申告も既に済ませた。税務に詳しくなかった」と話した。

(4月5日2時06分)

社会(4月5日)