国内外ニュース

強盗殺人疑いで書類送検へ、東京 死亡の「夜回り組長」

 東京都豊島区の簡易宿泊所で昨年10月、無職木村清己さん(71)の遺体が見つかった事件で、警視庁捜査1課は強盗殺人の疑いで、今年3月に死亡した男(79)を容疑者死亡のまま5日に書類送検する方針を固めた。捜査関係者によると、男は元暴力団関係者で、石原伸司の名前で「夜回り組長」として少年少女の更生活動をしていた。

 男は昨年10月26日未明、豊島区駒込3丁目の宿泊所で木村さんを窒息させて殺害し、腕時計(時価100万円相当)を奪った疑いが持たれている。木村さんは首に絞められたような痕があり、喉の骨が折れていた。

(4月5日13時01分)

社会(4月5日)