国内外ニュース

明治時代の迎賓館を改修、福岡 三井港倶楽部、7日オープン

 老朽化対策の改修作業を終え、報道陣に公開された「三井港倶楽部」=5日午前、福岡県大牟田市  老朽化対策の改修作業を終え、報道陣に公開された「三井港倶楽部」=5日午前、福岡県大牟田市
 明治時代の洋風建築で三井系企業の社交場として使われた迎賓館「三井港倶楽部」(福岡県大牟田市)が5日、老朽化対策の改修作業を終え、報道陣に公開された。一般向けのオープンは7日。

 建物は110年前の1908年、世界文化遺産に登録された三池港の開港と合わせて開館した。木造2階建ての外観で内部には屋根裏があり、梁などの骨組みを露出させた洋風建築が特徴。市の有形文化財に指定されている。

 所有する三井松島産業(福岡市)によると、かつては皇族や政財界関係者が利用したが、経営難で2004年にいったん閉館。その後は地元企業が出資する保存会が運営、昨年、同社の所有となった。

(4月5日11時41分)

暮らし・話題(4月5日)