国内外ニュース

野党「人の命を冒涜」と批判 労働局長「プレゼント」発言

 野党6党は5日午前、勝田智明東京労働局長が野村不動産への特別指導に関する報道発表を記者への「プレゼント」と表現した問題について、厚生労働省からヒアリングを実施した。立憲民主党の長妻昭代表代行は「人の命を冒涜する発言だ」と批判した。

 同時に、長妻氏は「開いた口がふさがらない。自分の権限を錯覚しておごり高ぶる発言だ」と指摘。希望の党の柚木道義氏も「人が亡くなっているのに、なぜプレゼントと言うのか」と追及した。

 厚労省の担当者は「(勝田氏からは)何か特定のことを念頭に置いているわけではないと聞いている」と釈明を繰り返した。

(4月5日12時06分)

社会(4月5日)