国内外ニュース

米韓両軍、定例の双竜訓練 非公開、北朝鮮配慮か

 韓国・浦項で公道上を移動する韓国軍の兵士ら=5日(共同)  韓国・浦項で公道上を移動する韓国軍の兵士ら=5日(共同)
 【浦項共同】韓国南東部浦項の海岸付近で5日、北朝鮮内陸部への進撃などを想定した米韓両軍による定例の「双竜訓練」が行われた。ただ、核心部分である海岸での上陸訓練は悪天候のため中止した。その他の訓練は公開せず、27日の南北首脳会談を前に北朝鮮に配慮したとの見方もある。

 合同野外機動訓練「フォールイーグル」の一環の双竜訓練は1~8日に行われ、5日に上陸訓練を予定していた。1月に米海軍佐世保基地(長崎県佐世保市)に配備された強襲揚陸艦ワスプが、米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)のF35B最新鋭ステルス戦闘機を搭載して参加したとみられている。

(4月5日12時46分)

国際(4月5日)