国内外ニュース

「刃物で切られた」は自作自演 110番した岩手の男子中学生

 岩手県警は5日、同県奥州市の市道で同日午前、男子中学生が「男に刃物で顔を切られた」と110番した通報は、生徒の自作自演だったと明らかにした。生徒は反省し、謝罪しているという。

 県警によると、生徒は午前7時50分ごろ自宅から110番。駆け付けた警察官が、生徒の頬や額の複数箇所に傷があるのを確認し、傷害容疑で捜査していた。

 生徒から詳しく事情を聴く中で、午後になり、泣きながら虚偽だったことを認めた。自分で刃物を用意し、顔に傷を付けたと話しているという。この日、生徒の通う中学校は始業式だった。

(4月5日18時16分)

社会(4月5日)