国内外ニュース

ヤマト宅配便3年ぶり減 労働環境改善へ総量抑制

 宅配便最大手のヤマト運輸は5日、2017年度の宅配便取扱個数が前年度と比べて1・7%(3088万個)減の18億3668万個だったと発表した。減少は3年ぶり。ドライバーの労働環境改善のため値上げなどを通じて総量抑制に取り組んだ効果が出た。

 ただ、減少幅は17年春時点で計画していた8256万個を下回った。インターネット通販の拡大で宅配便のニーズが高まる中、値上げを受け入れる企業が想定より多かった。

 ヤマトは荷物の増加でドライバーの長時間労働が問題になり、法人顧客との値上げ交渉や数量抑制の要請をしてきた。17年10月から個数の減少傾向が始まった。

(4月5日18時21分)

経済(4月5日)