国内外ニュース

民進・大塚代表、結集呼び掛け 希望、両院懇は9日軸に再調整

 民進党の大塚耕平代表は5日の記者会見で、自身が提案する旧民進勢力による新党構想に沿い、希望の党が分党の議論を進める方針を決定したことに関し「政策の個別分野での細かな違いをお互いに調整し、乗り越えて結集していただきたい」と述べた。希望は6日午後にも両院議員懇談会を開催する予定だったが、陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報隠蔽問題などを考慮し、9日を軸に再調整する運びとなった。

 両院懇で所属議員の賛同が得られれば、玉木雄一郎代表が大塚氏との会談に応じる見通しだ。大塚氏は党首会談について「何か(玉木氏から)反応があれば、できるだけ速やかに対応したい」と語った。

(4月5日18時41分)

政治(4月5日)