国内外ニュース

神事用大麻栽培の免許交付、三重 神社関係者ら申請

 三重県の担当者(右)から、交付された神事用の大麻栽培の免許証を受け取る「伊勢麻振興協会」の関係者=5日午後、津市  三重県の担当者(右)から、交付された神事用の大麻栽培の免許証を受け取る「伊勢麻振興協会」の関係者=5日午後、津市
 神事のしめ縄などに使う大麻の国産化を目指し、三重県内の神社関係者らで構成する「伊勢麻振興協会」(同県伊勢市)が許可申請していた大麻栽培について、県は5日、免許証を交付した。記録が残る1989年以降、県内で許可が出るのは初めて。

 大麻の茎から取った繊維を加工し、祭具やしめ縄に使うが、近年は中国産が9割を占める。協会は2016年11月に申請、県は外国産で代替できる上、盗難対策が不十分として不許可にしていた。

 協会は防犯カメラ設置など盗難対策を強化し、今年1月に再申請。県は高い基準の盗難対策が施されていることなどを踏まえ、国産を使う必要性があると判断した。

(4月5日19時11分)

社会(4月5日)