国内外ニュース

兼業理由に懲戒解雇は不当 パルコ元部長が仮処分申請

 兼業を理由に懲戒解雇したのは不当として、商業施設を展開するパルコ(東京)の元部長金子学さん(59)が5日、社員としての地位確認を求める仮処分を東京地裁に申し立てた。

 弁護士によると、金子さんは映画や出版事業を担当する一方、2002年に自ら映像コンサルタント会社を設立し、パルコが上映権を持つ映画の宣伝などに従事していた。パルコは今年1月、承認を受けずに兼業したとして解雇したが、金子さんは「会社設立はパルコに貢献するためで、役員も了承していた」と主張している。

(4月5日19時22分)

社会(4月5日)