国内外ニュース

都道府県初の星空保全条例、鳥取 記念式典開催

 「星空保全地域」の第1号に指定され、記念式典で喜ぶ小学生ら=5日夜、鳥取市佐治町  「星空保全地域」の第1号に指定され、記念式典で喜ぶ小学生ら=5日夜、鳥取市佐治町
 都道府県レベルで初の星空の景観保護を目的とした鳥取県の「星空保全条例」が施行されたのを記念し、鳥取市佐治町で5日、式典が開かれた。

 観光PRのために「星取県」を宣言している鳥取県は、星空保全のため2018年度予算に7600万円を組み込んだ。1日施行の条例では、防災目的など特定の事情がない限り、屋外での投光器使用を認めないと定めた。指導に従わない場合、違反者には5万円以下の過料を科す。

 佐治町地区は特に美しい星空を見られるということで、県が1日に「星空保全地域」の第1号に指定した。

(4月5日20時55分)

社会(4月5日)