国内外ニュース

北朝鮮外相「画期的前進が可能」 対韓国関係で

 【モスクワ共同】北朝鮮の李容浩外相は5日、アゼルバイジャンの首都バクーで開催された非同盟諸国会議の閣僚級会議で、南北関係について「画期的な前進を達成することが可能だ」と述べた。インタファクス通信が報じた。

 李氏は「北朝鮮と韓国の指導者のおかげで朝鮮半島に再統一の雰囲気が出てきた」と指摘し「大国の行動には責任が伴う」と主張した。米国を念頭に現在の雰囲気を害さないようにけん制したとみられる。

 李氏は6日まで開催される同会議に出席するためアゼルバイジャンを訪問し、5日は同国のアリエフ大統領と会談した。

(4月5日21時56分)

国際(4月5日)