国内外ニュース

大賞には大阪の小林さん 「HAPPY NEWS」発表

 日本新聞協会は4月6日の「新聞をヨム日」に合わせ、「HAPPY NEWS 2017」の結果を発表した。「HAPPY NEWS大賞」には、神戸市の街路樹を巡る少年と市職員の手紙のやりとりを紹介する記事にコメントを寄せた大阪府の小林由香利さん(35)が選ばれた。多くの人を幸せにした人に贈られる「HAPPY NEWS PERSON」は、フィギュアスケートの羽生結弦選手に決まった。

 海外からの応募を含む3727件(うち大学生590件)の中から、大賞1件、「HAPPY NEWS賞2017」は9件、大学生大賞の個人とグループ各1件、家族賞4件が受賞した。

 小林さんが読んだのは、「ぼくのだいすきな木をきらないでください」という「小4男子」が書いた手紙が桜の木に貼られていたことを紹介した記事。職員は木が傷んでおり倒れると危険なことや、切らない木は治療することを丁寧に説明する返事を幹に結んだ。少年の返事には、町が元気になるよう使ってほしいとヒマワリの種が入っていた。二人の共感が記者を通じて読者にも広がっている様子が伝わってくるコメントだと評価された。

 「HAPPY NEWS PERSON」に選ばれた羽生さんには、けがを乗り越えての平昌五輪金メダル獲得に、多くの人から「励まされた」「希望をもらった」とのコメントが寄せられた。

 受賞作品は、新聞協会のウェブサイト「プレスネット」(http://pressnet.or.jp)で発表している。

(4月6日5時05分)

暮らし・話題(4月6日)