国内外ニュース

爆弾騒ぎで旅客機引き返す シンガポール

 【シンガポール共同】シンガポールからタイ南部ハジャイに向かっていたシンガポール航空系の格安航空会社(LCC)スクート便で5日、乗客が手荷物に爆弾を所持していると発言、航空機は急きょシンガポールに引き返した。機内から爆弾は発見されず、同国警察はテロに関するうそをついた疑いで乗客の男(41)を逮捕した。警察が発表した。

 航空機は5日午後、乗客173人を乗せてシンガポールのチャンギ国際空港を離陸。爆弾騒ぎで引き返し、シンガポール空軍の戦闘機に誘導されながら約2時間後に着陸した。

(4月6日0時01分)

国際(4月6日)