国内外ニュース

順調に回復と元ロ情報機関員の娘 神経剤襲撃事件、初の声明

 神経剤襲撃事件について記者会見するロシアのヤコベンコ駐英大使=5日、ロンドン(共同)  神経剤襲撃事件について記者会見するロシアのヤコベンコ駐英大使=5日、ロンドン(共同)
 【ロンドン共同】英南部で3月4日に起きた神経剤襲撃事件で、元ロシア情報機関員セルゲイ・スクリパリ氏(66)と共に被害に遭った娘ユリアさん(33)は5日、「1週間ほど前に意識を取り戻し、日に日に元気になっている」との声明を、英警察を通じ発表した。

 一時は重体に陥ったユリアさんの声明が公表されたのは初めて。スクリパリ氏は依然として重体だが、状態は安定している。ユリアさんは病院関係者らに謝意を述べるとともに「事件にやや混乱している」と語り、プライバシーへの配慮も求めた。

 一方、ロシアのヤコベンコ駐英大使は5日、ユリアさんの回復は「非常にうれしい」と語った。

(4月6日0時46分)

国際(4月6日)