国内外ニュース

ソフトバンクに業務制限 米当局、投資会社買収で

 【ニューヨーク共同】英紙フィナンシャル・タイムズは5日、ソフトバンクグループが昨年、米投資会社を買収した際、米国の対米外国投資委員会(CFIUS)から投資会社の業務運営への関与に制限を受けていたことが分かったと報じた。

 CFIUSは、外国企業による米企業の買収などについて、国家安全保障上の問題がないかどうかを審査する機関。ソフトバンクの孫正義社長は2016年末、大統領就任前のトランプ氏と会談し投資計画などを表明、評価されていた。しかしCFIUSからは懸念を持たれていることになる。

(4月6日6時05分)

経済(4月6日)