国内外ニュース

働き方法案、閣議決定 残業を規制、野党は高プロに反発

 働き方改革関連法案のポイント  働き方改革関連法案のポイント  閣議に臨む安倍首相(中央)ら=6日午前、首相官邸  閣議に臨む安倍首相(中央)ら=6日午前、首相官邸
 政府は6日、働き方改革関連法案を閣議決定した。長時間労働を是正する残業規制や、非正規労働者の処遇改善などを盛り込み、今国会の最重要政策と位置付けている。労働時間規制の対象とならない「高度プロフェッショナル制度」の創設に反対する野党側は対決姿勢を強めており、政府、与党が目指す6月20日の今国会会期末までの成立が実現するかは不透明だ。裁量労働制の適用業種拡大は削除された。

 労働基準法や労働契約法、労働安全衛生法など8本の改正案で構成される。目玉となる時間外労働(残業)の上限は「原則月45時間かつ年360時間」と明記した。

(4月6日9時05分)

政治(4月6日)