国内外ニュース

伊調選手へのパワハラ認定 レスリング、第三者機関

 伊調馨選手(左)と栄和人強化本部長  伊調馨選手(左)と栄和人強化本部長
 レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨選手(ALSOK)、伊調選手のコーチだった田南部力氏が日本協会の栄和人強化本部長からパワーハラスメントを受けたとする告発状が内閣府に提出された問題で、同協会が設置した第三者機関による報告書の一部でパワーハラスメントを認める内容があったことが6日、関係者の話で分かった。

 日本協会は6日午後の緊急理事会で対応を協議し、協会幹部らが記者会見する予定。

 報告書では、日本代表合宿に参加した伊調選手に対して「よく俺の前でレスリングができるな」という発言など、複数件をパワーハラスメントとして認定した。

(4月6日11時56分)

スポーツ(4月6日)