国内外ニュース

中国でも大相撲土俵問題を報道 「非常識」との声を紹介

 【北京共同】京都府舞鶴市での大相撲春巡業で、市長に救命処置を施していた女性が土俵から下りるよう促された問題について、複数の中国メディアは6日までに、「非常識な対応だ」などと日本で批判が出ていることを報じた。

 ニュースサイト「新浪網」は現場の様子を詳しく伝えた記事を掲載。「こんな状況で救命措置をやめろというのか」「非常識なアナウンスだ」といった非難の声が日本で上がっていると紹介した。

 短文投稿サイトでも現場の様子を映した動画が多く共有され、「市長の命よりも伝統が大事なのか」といった書き込みが見られた。

(4月6日10時21分)

国際(4月6日)