国内外ニュース

中国が脱北者30人超拘束 関係改善で強化と韓国団体

 【ソウル共同】韓国の人権団体は6日、中国当局が3月下旬、少なくとも30人の北朝鮮脱出住民(脱北者)を拘束したと明らかにした。短期間での拘束数としては異例の多さという。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が3月下旬に訪中して習近平国家主席と会談し、中朝関係が改善する中で、中国側が北朝鮮に配慮して取り締まりを強化したとみている。

 人権団体「朝鮮半島の人権と統一のための弁護士会」は、把握できた限りで3月24日に3人、25日に4人、29日に26人の脱北者が拘束されたと指摘。行方は分かっておらず、北朝鮮に送還されたか、送還待ちの状態とみられるという。

(4月6日13時11分)

国際(4月6日)