国内外ニュース

世界遺産・知床に春の足音 横断道路、除雪進む

 冬季通行止めとなっている知床横断道路の除雪作業。奥は羅臼岳=6日、北海道羅臼町  冬季通行止めとなっている知床横断道路の除雪作業。奥は羅臼岳=6日、北海道羅臼町
 世界自然遺産の北海道・知床で、国土交通省北海道開発局が6日、冬の間は通行止めになっている知床横断道路(国道334号)の除雪作業を報道陣に公開した。大型連休前に開通する見通し。知床にようやく遅い春が近づいてきた。

 道路の雪は深い所で約8メートル。残雪の羅臼岳を望む峠道の作業現場は氷点下1・5度と肌寒く、路面は一部で凍結していた。ショベルカーが大量の雪を切り崩し、除雪車が沿道に勢いよく雪を吹き飛ばしていた。

 知床横断道路は斜里町と羅臼町を結ぶ。例年11月から約半年間、雪のため23・8キロの区間が通行止めになる。

(4月6日15時20分)

暮らし・話題(4月6日)