国内外ニュース

RIZAP、J1湘南を取得へ 3年10億円投じ選手育成

 記者会見後に手を重ねる(左から)ライザップの瀬戸健社長、湘南ベルマーレの真壁潔会長ら=6日午後、東京都新宿区  記者会見後に手を重ねる(左から)ライザップの瀬戸健社長、湘南ベルマーレの真壁潔会長ら=6日午後、東京都新宿区
 フィットネスクラブを運営するRIZAP(ライザップ)グループは6日、サッカーJリーグ1部(J1)の湘南ベルマーレ(神奈川県平塚市)の経営権を取得すると発表した。湘南の筆頭株主の三栄建築設計と設立する会社を通じ、4月中に株式の過半を取得する。3年間で10億円以上を投じ、選手の獲得や育成などチームの強化に充てる。

 9日に設立する新会社の出資比率は三栄建築が50・05%、ライザップが49・95%。議決権はライザップ側が100%握り、経営を主導する立場となる。

 ライザップは、フィットネスクラブで培った体質改善などのノウハウを生かし、プロ選手向けの手法を開発する。

(4月6日16時51分)

サッカー(4月6日)