国内外ニュース

京都府知事選、8日投票 16年ぶり新人同士争い

 西脇隆俊氏(左)、福山和人氏  西脇隆俊氏(左)、福山和人氏
 任期満了に伴う京都府知事選は8日投票、即日開票される。立候補しているのは、いずれも無所属新人で、前復興庁事務次官西脇隆俊氏(62)=自民、立民、希望、公明、民進推薦=と、弁護士福山和人氏(57)=共産推薦=の2人。新人同士の争いは16年ぶり。

 4期16年務めた山田啓二知事の後継候補として自民などが擁立した西脇氏は各地を回り現府政の「継承と発展」を強調。与野党の支援を受け、選挙戦をリードしてきた。

 一方、市民団体や労働組合の支援を受ける福山氏は現府政からの変化を訴える。原発再稼働反対や教育無償化の実現を掲げ、女性や無党派層に支持を呼び掛けている。

(4月6日16時41分)

政治(4月6日)