国内外ニュース

ロッテ、売上高1・4倍に 中核子会社の牛腸社長が方針

 インタビューに答えるロッテの牛腸栄一社長  インタビューに答えるロッテの牛腸栄一社長
 菓子大手ロッテホールディングス(HD)傘下で中核子会社ロッテの牛腸栄一社長(57)は6日、共同通信などとのインタビューに応じ、数年内にグループ売上高を現在の約1・4倍の5千億円規模にする方針を明らかにした。

 機能性ガム「キシリトール」といった基幹ブランドへの投資を重視し、売上高100億円以上のブランド数を現在の4から10に増やすことを掲げた。また、「タイ、ベトナム、インドネシアなど海外戦略を強化する」と述べ、売上高の海外比率を現在の約12%から20%に引き上げることに意欲を見せた。

 牛腸氏は企業統治を強化するために、上場を目指す意向も示した。

(4月6日18時06分)

経済(4月6日)