国内外ニュース

心不全にも緩和ケアを 厚労省専門家会議が報告書

 日本人の死因の大きな割合を占める心不全患者の心身の痛みや心理的不安を和らげるため、緩和ケアを提供するチーム体制を整えるべきだとする報告書を、厚生労働省の専門家会議が6日、大筋でまとめた。学会などを通じ、体制整備や普及啓発を図る。

 心不全は、呼吸困難や全身の痛みを伴い心臓のポンプ機能が少しずつ悪化する病気。日本人の死因の第2位である心臓病の中で最も多く、特に高齢者で増加傾向にある。

 報告書では、治療と並行し、医療用麻薬などの投与も必要だとした。また、医師や看護師、栄養士などの多職種によるチーム体制や、かかりつけ医と基幹病院の連携が有効だとした。

(4月6日18時56分)

医療・健康(4月6日)