国内外ニュース

伊調選手へパワハラ、協会認める 栄強化本部長は辞任

 伊調馨選手へのパワハラ行為があったことを認め、謝罪する日本レスリング協会の福田富昭会長(右端)ら=6日午後、東京都内  伊調馨選手へのパワハラ行為があったことを認め、謝罪する日本レスリング協会の福田富昭会長(右端)ら=6日午後、東京都内
 日本レスリング協会は6日、女子で五輪4連覇を成し遂げた伊調馨選手(ALSOK)に対する栄和人強化本部長のパワーハラスメント行為があったと認定した。日本協会は同日、東京都内で緊急理事会を開催。福田富昭会長が理事会後に記者会見し、栄氏のパワハラを認めて謝罪した。栄氏は6日付で強化本部長を辞任した。

 同協会が設置した弁護士3人による第三者機関は、伊調選手ら19人に聞き取り調査を実施。6日公表された報告書は、同選手を指導した田南部力氏に対するものを合わせ、2008年8月から18年3月8日までの間の栄氏によるパワハラ4件を認定した。

(4月6日22時41分)

スポーツ(4月6日)