国内外ニュース

アジア大会、萩野と瀬戸が代表に 池江50メートル自由形で日本新

 男子200メートル個人メドレー決勝でゴールし、タイムを確認する7連覇した萩野公介(左)と2位の瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場  男子200メートル個人メドレー決勝でゴールし、タイムを確認する7連覇した萩野公介(左)と2位の瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場  女子50メートル自由形決勝を日本新で制し、表彰式で歓声に応える池江璃花子=東京辰巳国際水泳場  女子50メートル自由形決勝を日本新で制し、表彰式で歓声に応える池江璃花子=東京辰巳国際水泳場
 ジャカルタ・アジア大会(8~9月)などの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権第4日は6日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル個人メドレーは萩野公介(ブリヂストン)が1分56秒37で7年連続の頂点に立ち、2位の瀬戸大也(ANA)とともに日本水連の基準をクリアして代表に決まった。

 女子50メートル自由形は池江璃花子(ルネサンス亀戸)が自身の日本記録を0秒12更新する24秒21で3連覇し、同種目でも代表権を獲得した。池江は100メートルバタフライとの2冠。

 女子200メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が2分8秒92で2連覇し、代表入り。

(4月6日21時05分)

スポーツ(4月6日)